Callbook Show Watch!!

JR8ABBのHam Blog

CWの受信のトレーニングもなかなか集中できずちょっとでも早くなると聞き取りが不能になってしまいます。今はランダムに希望のスピードで打ってくれるアプリやフリーソフトが多数あり練習する環境は整っているのですがなかなか長続きしないのが現状です。
目標は20wpmで更新に支障なく取れるようになりたいのですが、まだまだ先になりそうです。

実際の交信も良く聞くようにしています。国内QSOで多くの方は599BK方式な事が分かってきました。これだと相手のコールサインが取れればなんとかQSOが成立します。15~20wpm程度の速度でQSOされている方が多いように感じます。信号が強ければその位のスピードでも2~3回聞けばなんとかコールが取れますし、599BKなのかラバースタンプなのかもなとなく分かります。

相手のコールサインと自分のコールサインが取ってもらった事が分かればQSOがほぼ成立します。おそるおそるコールしてみた所すでに 40 QSO を超えていてちょっと自分でもびっくりしています。

CQを出している相手の速度に合わせて打つのがマナーだと教わったのですが、早くすると打ち間違えが増えるのとまだまだ初心者なので初心者だと分かって頂きたいのもあって現在はエレキーの速度を約12wpmくらいにして打っています。遅くて迷惑がかからぬよう、なるべくCQが途絶えたタイミングでコールするように心がけています。

たまあに私の速度まで落としてCWを打ってくれるOMさんもいらっしゃいます。その時にはめちゃくちゃ感動します、ほんと感謝感激ですね。自分もちゃんと交信できるレベルになったら心がけたいと強く感じました。

それとは逆でちゃんとJCGコードや名前をちゃんと送れずにもたついて迷惑をかけた事も何度かあります。コールしてみたら599BNではなく、QHTやOPをちゃんと送れず「agn」と「?」を連発され汗まみれになってしまった事もあります。焦ると頭が真っ白になって何を打ったら良いのか分からなくなります。その時交信頂いたOMさん、ほんとすいませんでした m(. .)m

早くCQを出したいのですが、もうすこし受信のレベルが上がるまで無理そうなので、まったりと訓練しようとおもいます。

プリンターを安く売って消耗品のインクで稼ぐ。インクジェットプリンターのビジネスモデルですね、しかし利用者側からしたらたまったもんじゃありません。インクの補充、チップのリセット、リサイクルカートリッジなど色々印刷コストを削減する為ご努力されている方も多い事でしょう。

そんな中EPSONはエコタンクシリーズを出して世間をあっと言わせました。プリンター自体は高いけど大容量のインクタンクが装備されていて大変お得です。当初はA4のケンカ版とA4・A3のフルスペックがラインナップされました。A3版の EW-M970A3T を購入しました。インクジェットプリンターとしては高額でしたが、それでも元がとれると思い購入しました。

QSLカードの発行でも月に1000枚を超える枚数を発行されるかた少なくないと思います。まさにそんな方がたにも注目されているプリンターかと思います。

最初のひと月位は調子が良かったのですが、その後ずっと汚れに悩まされます。封筒の宛名書きなんかは最悪でした、汚れだしたら止まりません。インクの塊のようなものが同じような所に付着します。
P_20200721_182212

暫く使っていなかったのですが、DVDのラベルを印字しなければならなくなりました。40枚必要だったのですが20枚インク汚れで失敗しトータル60枚使う事になりました。
ネットを調べていると皆さん同じような事例で苦労されているようです。また、大容量タンクはほんと良いと思うのですが、廃インクタンクの交換も物凄く早いです。自分的には500mlのペットボトルでもつけれるようになっていれば良いなとおもいます。


この汚れさいなければ大変優秀なプリンターだとおもいます。しかし、この汚れはリコールに値するくらい酷いです。インクジェットプリンターからするととても高価な部類です。とても残念でありません。

7月にJARLからカードが届いた際SWLレポートが1枚入っていました。私の交信数から考えると貴重なSWLリポートです。他の所でも受信してにも届いているんだと感じとても嬉しくなります。
また、私自信SWLレポートを送ると皆さん郵送でQSLカードを送ってくださいます。とても嬉しい事なので私も郵送でQSLカードを発送したしました。
ありがとうございます。


SWL

重い腰を上げやっと写真入りのQSLカード約1000枚オフセット印刷しました。インクジェットプリンターのインクがのりやすいよう用紙は上質紙。通常であれば180Kgくらいの厚さにしたいところですが、あえて135Kgでちょっと薄めの厚さにしました。もちろんJARLビューロの指定する範囲の厚さです。


DSC_4206

再開局して1年ちょっとほとんど手書きのレポート面でしたがHamlogのレポート面の印字位置の調整も行いました。
今までは交信後すぐにQSLカードを書いていました、発送前にJARLビューロの指定する順番に並べ替えます。私は多くても200枚まで行かないので大した作業ではないのですが、発送量が増えると大変だろうなと想像できます。
今回からまとめて印刷する事に致しました。これでJARLビューロの指定する順番に自動的に並べ替えしてくれます。大変便利な機能です。


DSC_4205

QSLカードも私のカードの発行枚数であればスマートレターがお得だと言う事をTwitterのFFさんに教えて頂きました。今月分の発送からスマートレターを使ってみます。厚さは2cm以内であればOKなようで丁度良い量でした。

QSL2

7月分のQSLカードは昨晩投函いたしました。

業務用のGPアンテナだと思いますが、マストと並行に立っています。ここを通るたびにマストが色々干渉して悪影響を与えているだろうなと気になります。


GP Antena

↑このページのトップヘ